FUJIFILM X100Vと一緒に使っているアクセサリーまとめ

CAMERA

僕の最もお気に入りのカメラであるFUJIFILMの「X100V」。
使い勝手とデザインが両立した最高なカメラで、現在では僕のメイン機として活躍してくれている。

FUJIFILM X100V レビュー|圧倒的な完成度に到達したプレミアムコンパクトカメラ
僕は今まで色んなカメラを使ってきたが、その中でも特に溺愛し...

スナップシューターとして常に携帯していることが多いカメラなので、アクセサリー類も割とこだわって選んでいる。
今回は僕がX100Vと一緒に使っているアクセサリー類を紹介したいと思う。

スポンサーリンク

Nisiのフィルター

まず、個人的にカメラに必須アイテムだと思っているフィルターは、Nisi の「UHD UVフィルター」を選択した。

通常のレンズ用のフィルターと異なり、X100シリーズ専用に設計されている。

フジツボ型?のフィルターで、X100Vにマッチする質感で仕上げられている。
透過性の高い光学ガラスが使用されているとのことで、画質への影響は全く感じない。

純正のフィルターアダプターのようにレンズフードを取り付けることができないため、遮光性は期待できないが、ゴーストなどが気になったことも無い。

アダプターなどを使わないシンプルな設計となっているため、必要以上にサイズが大きくならないのも◎。

また、このフィルターの良いところが、純正のレンズキャップをそのまま装着できるところだ。
被せ式のレンズキャップは使いやすいし、フィルターアダプターを使うとレンズキャップも準備しないといけなかったりもする。

できるだけX100Vをシンプルに使いたい人にオススメなフィルターだ。

created by Rinker
NiSi
¥4,950 (2021/10/24 08:39:03時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

Haogeのメタルレンズキャップ

僕は付属品のレンズキャップは使わず、HaogeのX100V用メタルレンズキャップを使用している。

というのも、X100Vを購入して早々にレンズキャップを落としてキズをつけてしまった。
僕はできるだけ新品の綺麗な状態を維持したいタイプだし、この感じで紛失したりしても嫌だなと思いサードパーティー製のレンズキャップを購入した。

純正品と形状が異なるが、X100Vに問題なく取り付けできるし、金属製で質感もそれほど悪くない。
並べてみても見劣りするようなクオリティではない。

裏面は純正品ほど上質な感じではないが、ちゃんと起毛素材になっているので、ボディを傷つけることもなさそう。

もちろん、前述したNisiのフィルターにも装着可能だ。

スポンサーリンク

Ulyssesのクラシコ・ドリット

ストラップは Ulyssesの「クラシコ・ドリット」を選んだ。

高級感のある革素材のストラップで、X100Vのようなクラシックなデザインのカメラによく似合う。
余計なパーツがついておらず、シンプルなデザインなのが個人的には気に入っている。

X100Vをオシャレにドレスアップしたいなら、オススメなストラップだ。

ULYSSES クラシコ・ドリット レビュー|高級感のある革の質感がたまらないレザーストラップ
先日X100Vを購入したのに合わせて“クラシカルなカメラに...

↓クラシコ・ドリットの製品ページ

ライカやフジXに合うレザーカメラストラップ クラシコ・ドリット
ULYSSES(ユリシーズ)は、一眼レフやミラーレスカメラ、コンパクトデジタルカメラのユーザーが本当に必要としていた機能とデザイン、品質を満たしたカメラ用品を製造・販売しています。
スポンサーリンク

F-fotoのホットシューカバー

F-Fotoの「カスタムワードシューカバー」 は個人的に外せないアイテムだ。

これはプレゼントでもらった物で、歴代のカメラにずっとつけてきた “メイン機の証” のような物だ。
アルミ製で高級感があるので、小さいアイテムながら付けるだけで全体の印象が引き締まる感じがする。

機能的なアイテムではないのでわざわざ純正の付属品と交換する必要もないのだが、このアイテムをつけるだけで愛着と満足感が全然違ってくるので、みんな付けた方が良い。

カメラへの愛着を爆上げする F-Fotoのカスタムワードシューカバー。
突然ですが、皆さんは自分のカメラをどんな感じでドレスアップ...
スポンサーリンク

Vemicoのバッテリー

バッテリーは「Vemico」というサードパーティー製のものを使用している。

純正バッテリーと大きなスペックの差はないが、充電器がUSB-Cで使用できるのが特徴だ。
某大手通販サイトを覗いてみても、いまだに旧世代のUSB充電が採用されているものも多いので、購入するなら断然こちらを推したい。

色んな機種で使っているバッテリーだが、今のところどの機種でもエラーは出ていないので安心して使っている。
コストパフォーマンスも良いので、とりあえず予備バッテリーが欲しい人にはオススメ。

VemicoのFUJIFILM用互換バッテリーレビュー
どうも、FUJIFILMいいぞぉおじさんの 丼(@1ch_...
スポンサーリンク

Ulanziのクイックリリース「F38シリーズ」

僕は割と日常的に三脚を使うことがあるので、取り付け用のプレートは必須アイテムだ。
そこで僕が採用しているのが、Ulanziの「F38シリーズ」だ。

これは専用のプレートとクランプを使用することで簡単に着脱ができるクイックリリースのシステムになっている。
僕は複数のカメラを使用しているので、X100Vでも共通のものを使用している。

X100Vは三脚穴の位置的に、プレートを取り付けるとバッテリーカバーを開くことができなくなってしまうのだが、このプレートは付け方次第ではギリギリSDカードは取り出すことができる。バッテリーは無理だけど。

Ulanzi「FALCAM F38クイックリリース」レビュー|複数機材でカメラの着脱を快適にできるプロダクト
カメラをワンタッチで着脱できる便利アイテムに「クイックリリ...

↓ Peak DesignのCaptureと併用できるプレート

Ulanzi FALCAM F38シリーズ クイックリリースプレート レビュー|Peak Design製品と互換性のあるアップグレード版
以前のこのブログで、「FALCAM F38シリーズ」のクイ...
スポンサーリンク

Leofoto MT-03

僕は日常的に三脚を使うことが多いので、X100Vと一緒に Leofotoの「MT-03」を一緒に携帯している。

この三脚はコンパクトなのはもちろんだが、剛性感が高く、デザインがカッコいいのが気に入っている。
三脚はテーブル三脚といえど太くなってしまう傾向があるので、細身に設計されているのも選んだ理由の一つだ。

あまり高さは出せないが、屋内で使用する場合も取り回しが良かったり、X100Vと最小限の荷物で外出する時などには重宝している。

Leofoto MT-03 レビュー|どこにでも連れていきたくなるミニ三脚
どうも、相変わらずカメラの周辺アクセサリーにも散財している...
created by Rinker
¥18,700 (2021/10/24 05:27:38時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

個人的に気になるアクセサリー

X100Vは人気機種なので、意外とアクセサリー類は数多く発売されている。その中でも個人的に気になっているものをまとめてみた。

GARIZのボディケース

「GARIZ」というメーカーのボディケースは高級感があり、カッコいいのでかなり気になっている。

X100Vのクラシカルな外観を乱さないし、レザーの質感も良さそう。
実物を触ったことがないので実際はわからないが、見た目に反して重さも軽いらしい。

価格がネックでなかなか購入に踏み切れないけど、いつかは買いたいアクセサリーNo1だ。

created by Rinker
Gariz
¥29,274 (2021/10/24 09:29:26時点 Amazon調べ-詳細)

純正コンバージョンレンズ

FUJIFILM公式HP より

X100シリーズといえば気になるのが純正のコンバージョンレンズ

以前、テレコンは使っていたが、X100シリーズで画角を変えられるのはやっぱり面白い。
取り外しがかなりめんどくさいので確実にレンズ交換式のカメラを使う方が快適だが、X100シリーズを使うことにこだわりがある人は放っとけないアイテムだ。

ワイコンのサイズ感なら付けっぱなしでも気にならなさそうだし、試してみたい…

created by Rinker
富士フイルム
¥19,800 (2021/10/23 23:54:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士フイルム
¥27,848 (2021/10/23 23:54:48時点 Amazon調べ-詳細)

SHOTENのウッドグリップ

焦点工房オンラインストア より

X100Vはコンパクトで重量バランスも良いので、それほどグリップは必要ないのだが、グリップ系のアクセサリーは気になるものがチラホラあったりもする。

その中でも、焦点工房から出ている「ウッドグリップ」がなかなか気になる。

実は以前使っていたX-Pro3でも同メーカーのウッドグリップを使っていて、木材独特の感触や他のメタルグリップのように重量が明らかに増えたりしないのがかなり良かった。

X-Pro3専用グリップ「SHOTEN XP3-GP」レビュー|天然木の質感が良いドレスアップグリップ
僕のメイン機として活躍していくれている「X-Pro3」。使...

見た目もそれほど悪くないし、ドレスアップとしてもカッコいい。
なにより、通常のハンドグリップのように底面の三脚穴を使用しないので、必要以上に大きくならないのがメリットだと思う。

SHOTEN カメラウッドグリップ XV-GP FUJIFILM X100V 用-焦点工房オンラインストア
焦点工房オリジナルブランドSHOTEN(ショウテン)の FUJIFILM X100V 用 カメラグリップです。ホールド感が向上し、撮影を快適にします。操作の邪魔をしないシンプルなデザインで、素材には硬質で耐久性に優れた黒檀(天然木)を使用、使うほどに黒檀ならではの味わいと光沢が増し手に馴染んでいきます。 ...

スクエアフード Model V

X100Vの“フードどれにする?問題” はネット上でも度々目にするが、僕もかなり悩んだ。

現時点では前述したNisiのフィルターで満足しているが、オリエンタルホビーから出ている「スクエアフード Model V」も選択肢として上がっていた。

こちらのフードはみんな大好きな角形フードになっていて、他メーカーから出ている角形フードよりもワイドオープンとなっている。
パッと見た感じでは前方への出っ張りも比較的少なそう。

なんといっても価格が気になるところだが、このデザインはなかなか見逃せないカッコ良さだ。

【デジカメWatch掲載商品】スクエアフード Model V | FUJIFILM X100シリーズ専用フード<アルミ製>
フィルター直付タイプ|FUJIFILM X100シリーズ専用アルミ製角型フード<Model V> シャープな外観が印象的なスクエアフードの最新モデル<Model V>は先行モデル<Mark3>と同様に取付スリーブとフード本体の2パーツ構成 で、FUJIFILM X100Vを含むすべてのX100モデル...
スポンサーリンク

最後に

X100Vは個人的にほぼ完成したカメラで、普通に使用する場合はそれほどアクセサリー類は必要ないのだが、ドレスアップ的な要素も含めて多くのアクセサリーが出ている。

各社から豊富なアクセサリーが出ているのでかなり迷ってしまうが、自分好みのカメラに仕上げることもX100Vの醍醐味かもしれない。

コメント