ULYSSES クラシコ・ドリット レビュー|高級感のある革の質感がたまらないレザーストラップ

ACCESSORIES

先日X100Vを購入したのに合わせて“クラシカルなカメラに合うオシャレなストラップ”が欲しくなった。

原点回帰
どうも、丼(@1ch_don)です。相変わらず写真...

とは言っても、僕は基本的にネックストラップはあまり好きではなく、求める条件も多い。
そんなワガママな僕の希望に沿うオシャレなネックストラップを購入したので、簡単にレビューしていきたい。

スポンサーリンク

クラシコ・ドリットの概要

僕が購入したのは、ULYSSESというメーカーの「クラシコ・ドリット」(公式HP)という製品だ。
今回、僕が購入するにあたって求めた条件が…

  • 長さ調整はできなくて良いから、余計な金属やプラスチックのパーツが付いていないこと
  • 片付ける時に邪魔にならないようにカメラにぐるぐる巻きにできれば理想
  • 太すぎず、むしろ細ければ細いほど良い
  • レザー製でオシャレなデザイン、エイジングできる系なら最高

といった感じ。
なかなか細かいこだわりだが、これらのこだわりを叶えてくれたのがクラシコ・ドリットだ。

前置きが長くなったが、実物を見ていこう。

このストラップは、カラーは「チョコレート」と「ブラック」、サイズは Mサイズ(105cm)とLサイズ(120cm)のそれぞれ2種展開となっている。
ちなみに僕が購入したのはチョコレートのMサイズだ。

本体はオールレザー製で、ストラップリングに金具が使われているのみだ。
素材にはイタリア製のベジタブルタンニンレザーが使われており、安いレザーのゴワゴワした感じは微塵もなく、しっとりとした柔らかい質感がとても高級感がある。

箱を開けた瞬間からイルビゾンテのショップの中のような芳醇なレザーの香りが漂う。

このストラップの特徴は、一枚革から切り出された真っ直ぐなデザインだ。
ストラップの太さは13mmとかなり細いが、シンプルでスッキリしたデザインが◎。

裏面にはメーカーロゴがひっそり刻印されている。

ストラップ先端にはカメラとの接触で傷がつかないようにリングガードが取り付けられている。
リングガード自体もかなり柔らかく、ストラップの動きを阻害するようなこともない。

チョコレートカラーはかなり渋い茶色で、ミルクチョコレートのような色だ。使い込むことで深みが増してビターになりそうだ。

コバの処理も見事な仕上がり。
レザーの製品はこのコバの処理で完成度がかなり違ってくる。ULYSSES製品のクオリティの高さを感じる部分だ。

実際にカメラに付けると

実際にカメラに取り付けるとこんな感じ。
ブラックのカメラなので、ブラックカラーのストラップの方が似合うかなと思ったが、チョコレートでもクラシカルかデザインのカメラに合っていると思う。

このセットを首から下げるだけで、オシャレ男子になれそうな雰囲気を醸し出している。

このストラップは購入してすぐでもかなりの柔軟性があるため、カメラに巻きつけることも問題なくできる。
ネックストラップというとカメラバッグや防湿庫に収納する時に邪魔になることが多いので、こうしてまとめられるのは地味に重要なポイントだと思っている。

スポンサーリンク

最後に

ストラップはカメラの必需品のようなもので、各社から様々な種類のものがラインナップされている。

カメラを購入した時に付属するメーカーロゴがバッチリ入ったストラップを使うのももちろん良いが、こうしたアクセサリーはレンズと同じくらいこだわりを持った方がいいと思うアイテムだ。

その中でも、今回紹介した「クラシコ・ドリット」は、レザー特有の質感やシンプルなデザインが良く、満足感も高い。

長く使うことで味も出てきそうなので、エイジングも楽しんでいきたいと思う。

ULYSSESには他にも様々な形状のストラップがラインナップされている。気になる人はチェックしてみて欲しい。
ULYSSESのストラップはあまり量販店には置かれていないようなので、公式HPから購入するといいだろう。

あたらしい、なつかしい、ここちいい。ULYSSES
ULYSSES(ユリシーズ)は、一眼レフやミラーレスカメラ、コンパクトデジタルカメラのユーザーが本当に必要としていた機能とデザイン、品質を満たしたカメラ用品を製造・販売しています。

コメント