「cam-in」の格安カメラストラップが想像以上に良かった件。

Camera
スポンサーリンク

どうも、カメラ関係のアクセサリー沼に浸かっている丼です。

今回はカメラストラップのお話。

先日、カメラは腰にぶら下げて携帯するのがスマート、なんて記事を書きました。

このシステムを使うようになってから、メインで使用しているX-H1はネックストラップと無縁になってしまいました。

と言いつつも、なんだかんだでカメラを首からぶら下げて、ラフにスナップを撮りたい時もあります。

ネックストラップにいろいろとネガな印象を抱いていた僕ですが、ついに求めていたネックストラップに出会えたので、ちょっとそのお話でも。

スポンサーリンク

「cam-in」カメラストラップ DCS-005シリーズ

パッケージは意外とちゃんとしてる。

今回購入したのは、「cam-in」というメーカーのDCS-005シリーズ。最近流行り?のロープタイプのカメラストラップになっています。

長さは75cm、95cm、125cmとあり、今回は95cmを購入。

カラーはブラック×ホワイトのストライプのもの。シンプルでオシャレ。

クライミングロープを使用しているため強度があり、直径も1cmあるため首に食い込んで痛くなるってこともなさそう。

ストラップ先端はレザーになっていて、高級感もあります。

付属品として、ストラップを付けるところに挟むレザー製のリングカバーが付属していました。

スポンサーリンク

使用感とか。

カメラに装着したらこんな感じ。白黒の感じがX100Fにベストマッチな感じですね。

ん~、良い。

長さ95cmだと身長176cmの僕が首から掛けたら、おへその上にカメラがくるくらい。

撮影後の写真を確認する時も、モニターと顔が近くなりすぎない程度の長さで、ちょうどいい。斜め掛けもギリギリ許せる長さです。

もともとロープタイプのカメラストラップが欲しくて、狙っていたのが「ヨセミテカメラストラップ」という物。

  • ペラペラのナイロンストラップみたいに絡まることも少なそう。
  • レザーストラップみたいに汗を吸って臭くなりにくそう。
  • クッションがしっかりしたストラップみたいに邪魔になりにくそう 。

= めっちゃいいやん!って思っていたんですけどね、値段がネック。

高ぇよ。って思わずツッコんでしまうレベルですね。

そんなこんなで、今回の「cam-in」のストラップに出会ったのですが、正直パチモン程度に思っていて全く期待していませんでした。でもね…

… これがめっちゃ良かったんだぁ。

というのも、カメラ量販店でヨセミテカメラストラップには触ったことがあったのですが、それと比べてcam-inのカメラストラップの方が柔らかくてしなやかなんですよ。

ヨセミテカメラストラップはめちゃくちゃ丈夫そうな反面、ちょっと硬すぎる感じがあります。素材感も少しざらざらとした感じで、肌触りはあまりよくないです。(個人的な感想ですが。)

対してcam-inのストラップは、柔らかいので結んでコンパクトにしやすいし、カメラにグルグルも余裕。

肌触りも悪くないので、長時間使用してもストレスが少なそうです。

これがしたくて、ロープのストラップが欲しかったんだよなぁ…。

他のネックストラップだと、金属とかプラスチックのパーツがあるからカメラに傷をつけそうで、とてもじゃないけどグルグルできません。

このストラップはナイロン製のロープとレザーだけで構成されているので、カメラに当たって傷付けるパーツがありません。

前述したリングカバーもあるので、金属部分がカメラに当たることも無さそう。

ストラップに表裏が無いので捻じれても気にならないし、まとめるために結んでも結び跡が気になりません。

とにかく、”細かいけど、気になる部分が少ない” ネックストラップだと思います。

首に触れる感じが気になる人には、別売りでレザー製のネックパッドもあるみたいです。

スポンサーリンク

最後に。

とにかくコスパが良い、cam-inのネックストラップ。

僕の欲しかったヨセミテカメラストラップの1/4程度の価格で購入できるし、普通にストラップとしても格安。クオリティも値段以上で驚きました。

あとは耐久性がどの程度かですね。値段が値段なので高望みはできないですが、丈夫な素材を使ってるのでちょっと期待していたりします。

一応、焦点工房のオンラインストア が一番品ぞろえが良さそうです。

ちょっとこだわったネックストラップが欲しい人は、是非チェックしてみてください。それでは。

コメント