他社製プレートも使える「FALCAM F38 バックパックカメラクリップV2」 レビュー

ACCESSORIES

最近愛用しているクイックリリース「FALCAM F38シリーズ」に新しいカメラクリップが登場しました。

F38シリーズには以前からカメラクリップがラインナップされていたのですが、なんとなく使いにくそうな印象があって、カメラクリップに関しては他社製品を使用していました。
そのカメラクリップがかなり使いやすく、大幅にアップデートされました。

created by Rinker
ULANZI Select
¥4,239 (2024/03/01 04:31:12時点 Amazon調べ-詳細)

今回は、そんな「FALCAM F38 バックパックカメラクリップV2」を購入したので、使用感などをレビューしていきます。

スポンサーリンク

バックパックカメラクリップV2の概要

「バックパックカメラクリップV2」はその名通り、バックパックのストラップに装着するホルスタータイプのクイックリリースで、
公式HPでは「F38 カメラバックパックストラップクリップ用 クイックリリースキットV2」という名称で販売されています。

デザインはシンプルかつコンパクトで、バックパックにつけていても悪目立ちしなさそうな感じ。(この製品には特徴?だった“隼”の文字が無い)

プレートとセットのモデルには新型のF38プレートが付属しています。
形状は旧型と同一ですが、表面のラバーが一体型になったり、ネジに緩み防止用のワッシャーが採用されました。

他には、ロープアタッチメント、専用レンチ、スペアのプレートワッシャーが付属していました。

カメラクリップは、本体・固定用プレート・背面パッド(樹脂製)の3層構造になっていて、パッド部のロープをバックパックストラップへ巻きつけ、固定用プレートのツメに引っ掛けて装着します。

最大で幅:80mm、厚さ:20mmまでのショルダーストラップに対応しているとのこと。

カメラクリップ本体も背面パッドもストラップに接触する部分は滑り止め加工が施されていて、しっかりとしたクオリティーの高さを感じます。

リリースボタンは大型で押しやすく、側方へスライドすることでリリースボタン自体をロックすることができます。

使い方は、カメラクリップへプレートをスライドさせることで上部からツメが出てきてプレートがロックされる仕組み。
裏面のピンで固定する通常のF38クイックリリースとは少し異なるロック方法となっています。

この構造を採用していることが最大の特徴で、このカメラクリップはF38プレートだけでなく他社製品のプレートでも利用することができます。

公式には、「Peak Design、PGYtech、Fotopro、Tarion、SPIDER HOLSTER、ManbilyのQRプレート、他アルカ標準スクエアクイックリリースプレート」とのこと。

Peak Design Captureプレートを使用

これまで他社製品で統一していたユーザーでも気兼ねなく導入できるのが非常に良いポイントだと思います。

ちなみに筆者の持っている「Peak Design」のプレートも問題なく使用することができました。(※ 製品によっては多少のガタツキが出るようです)

使用感

筆者の愛用しているPeak Designの「EVERYDAY BACKPACK ZIP 15L」に装着してみました。
比較的薄めのショルダーストラップですが、問題なく装着できています。

EVERYDAY BACKPACK ZIP 15L レビュー|デザイン・サイズが絶妙なカメラバック
カメラバッグというと各メーカーから豊富なラインナップが展開さ...

後面のパッドもエッジに丸みがあるので、薄着でも身体に触れて痛いなどはなさそうです。

カメラクリップ本体の取り付けは非常に簡単で、複数のバックで付け替えるのもそれほど手間では無いと思います。

ロープでの固定には少し不安感がありましたが、実際はしっかり固定されます。
ただ、固定に使用しているロープの経年的な耐久性については長く使ってみないと評価できないポイントではあります。

カメラの着脱に関しては、前作のカメラクリップのようにガッチリジャストフィットみたいな感じではなく、プレートとマウント部に適度なマージンがあるので引っかかりも無くスムーズに着脱できます。

Peak Design「Capture」との比較

筆者自身も長く愛用した、カメラクリップの代名詞とも言えるPeak Designの「Capture」と比較してみたいと思います。

Peak Design「CAPTURE(V3)」レビュー|多様な撮影スタイルに対応できるカメラホルスター
今までカメラを携帯する際にはいろんな「クイックリリースシステ...
CaptureF38 CC V2
重量(プレート込み)84g86g
価格(ヨドバシ参考)¥13530¥10890

Captureはボルトとプレートで締め込んで固定するのに対し、FALCAMはロープとパッドのテンションで固定します。

FALCAMは3段階のツメで固定なのに対し、Peak Designは無段階で締め具合の調整ができ、固定性の安心感としてはPeak Designの方が高いような気がします。

重要なのが対応しているストラップ幅で、Captureは64mm(実際には55mm程度)、FALCAMは80mmまでに対応しています。
装着したいバックパックによっても選択肢が変わってきそうです。

バックパックへの装着感・カメラの着脱感(スムーズさ)・カメラクリップ自体の大きさや重量など、“カメラクリップ” としての使用感はそれほど大差ありませんでした。

あえて差があるとすれば、バックパックへの取り付けの容易さはFALCAMのカメラクリップの方が優れているように感じました。

また、“クイックリリース”としてはFALCAMの方が互換性が高いというアドバンテージがあります。

Peak Designの場合は同社の三脚くらいしか互換品がありませんが、FALCAMの場合は「F38シリーズ」を始め互換性のある製品が多くラインナップされています。

使いやすくアップデートされた「FALCAM F38 マルチホールクイックリリース」レビュー
カメラやレンズと同じくらい周辺アクセサリーオタクな筆者にとっ...
Ulanzi「FALCAM F38クイックリリース」レビュー|複数機材でカメラの着脱を快適にできるプロダクト
カメラをワンタッチで着脱できる便利アイテムに「クイックリリー...

コストパフォーマンスや他メーカー製品との互換性など、総合的に考えてFALCAMの方が優れている印象です。

ウエストマウントでの使用

ちょっとした応用ですが、Peak Designの「Pro pad」を使ってウエストマウントで運用することもできます。

created by Rinker
ピークデザイン
¥2,980 (2024/03/01 04:31:15時点 Amazon調べ-詳細)

この製品は同社のCapture用のものですが、FALCAMのカメラクリップでも問題なく装着することが可能です。

ただ、Captureはボタンの形状・押し込みの軽さ的にギリギリ片手での操作が可能でしたが、FALCAMのカメラクリップはリリースボタンが細長い形状で、押し込みもやや硬めなので、片手操作はかなり難しいです。

スポンサーリンク

最後に

長らくいろんなメーカーのクイックリリースを使ってきましたが、ようやく使い勝手の良いカメラクリップが出たこともあり、ついにクイックリリースをFALCAMに統一できそうです。

FALCAMはカメラクリップに限らず、最近はかなり魅力的な製品をどんどん出しているので、今後も見逃せないメーカーのひとつです。

コメント