Ulanzi FALCAM F38シリーズ クイックリリースプレート レビュー|Peak Design製品と互換性のあるアップグレード版

ACCESSORIES

以前のこのブログで、「FALCAM F38シリーズ」のクイックリリースを紹介した。
このシリーズは汎用性の高さが特徴で、Peak Designの「Capture」と比べても僕のスタイルと合っている。

Ulanzi「FALCAM F38クイックリリース」レビュー|複数機材でカメラの着脱を快適にできるプロダクト
カメラをワンタッチで着脱できる便利アイテムに「クイックリリ...
Peak Design Capture & Clutch レビュー|スナップをスマートに撮る
お写ん歩や旅行でカメラを持ち歩くとき、ほとんどの人はネック...

ただ、どちらの製品もモノとしては似ているが、使い勝手は異なっており、それぞれ一長一短だ。正直、どちらの製品も併用したいというのが本音だ。

それが今回、同社からスペアのクイックリリースプレートが発売された。
これが、従来の製品に付属していたものと違い、Peak Designの製品と互換性があるアイテムとなっている。

これまた待望のアイテムだったので、サラッとではあるが購入レビューをしていきたい。

スポンサーリンク

クイックリリースプレートの概要

一応改めて紹介しておくと、今回のクイックリリースプレートは、「Ulanzi」というメーカーから発売されている「FALCAM F38」というシリーズで必要となるプレートだ。
同シリーズのアイテムを揃えることで高い汎用性を発揮するシステムとなっている。

これまではこの専用プレートを単品購入することができなかったのだが、いつの間にか某大手通販サイトで購入できるようになっていた。


形状はPeak Designの「Capture」専用のプレートと同じような形状で、マイナスボルトで固定する。六角レンチではないため、コインなどで締めることもできて便利。

F38シリーズの従来型と見比べてもサイズは全く同じで、デザインや形状もほとんど同じだ。
上面はカメラを傷つけないようにクッションが付いている。ボルトは移動幅が設けられており、プレートの固定位置を少し調整できるようになっている。

新型プレートの方にはシリーズロゴと「FOR PD Capture V3」と刻印されている。後述するが、この刻印が重要な目印になる。

異なる点は背面の造りで、四隅で対照的なデザインとなっていた従来型と違い、新型プレートは非対称のデザインとなっている。
当然ではあるが、この背面形状を変えることでPeak Design製品との互換性を実現したのだろう。

また、従来型には4つあったストラップホールが、新型では2つとなっている。

F38シリーズのカメラホルスター

この記事はF38シリーズとPeak Design製品が併用できることをテーマにしているが、実はF38シリーズにもPeak DesingのCaptureと同じような製品がある。

このカメラホルスターもベルトやバックパックのショルダーハーネスなどに装着して使用する製品だ。

僕はこの製品を使ったことはないが、デザインが少しごちゃごちゃしていたり、クイックリリースのボタンが操作しにくそうな位置にあったりと、見た感じはあまり使いやすそうには見えない。

また、F38シリーズのクランプ部は共用となっている。
F38シリーズのクランプ部はややタイトめの造りで、装着時の安定感はあるものの取り外しは少しスムーズさに欠ける。

カメラホルスターは頻繁にカメラの取り外しをするアイテムであるため、取り外しはスムーズにできる方が良い。

F38シリーズのカメラホルスターはコストパフォーマンスが魅力的ではあるが、着脱のスムーズさを優先するならPeak DesignのCapture一択だろう。
今までCaptureを使用していたユーザーが新しく買い換えなくていいのも、今回のプレートを使用する大きなメリットだろう。

実際の使用感

プレートは、「F38」の刻印がある方がF38シリーズ、「FOR PD Capture V3」と刻印がある方がCaptureに使用することができる。

上の写真で言うと、横方向ではF38シリーズ、縦方向ではCaptureに取り付けることができる。
どちらも取り付けはスライドするだけの簡単な操作だ。

F38シリーズでは従来品通り、見事なフィッティング。
取り外しは少しタイトにも感じるが、ガタつきはほとんどなく安定感が高い。

気になるCaptureでの使用感だが、こちらは少しイマイチだ。
上の写真でプレートがわずかに歪んでいることからわかるように、ガタつきはやや大きめだ。

純正のCaptureプレート程度のクリアランスであれば許容範囲だが、こちらのガタつきは気になる人も多いだろう。流石に純正と同等の使用感とまではいかないようだ。

ただ、ちゃんとロックはできるし、カメラが外れてしまうこともない。もちろんクリアランスが大きいことによって、取り外しはスムーズにできる。
モノとしての機能はちゃんと果たしているので、個人的には全然使っていこうと思えるレベルではある。

注意しなければいけないのが、プレートを取り付ける際の方向だ。
プレートの位置調整は一方向にしかできないため、カメラによっては取り付ける向きを妥協しなければいけない場合もある。

僕が取り付けているFUJIFILMの「XE-4」はネジ穴の位置がレンズの光軸とズレた位置にある。
これだと、プレートをできるだけ光軸に近づけるように取り付けると、横方向でCapture、縦方向でF38シリーズの装着となる。

これではCaptureを横方向でしか取り付けできない。
CaptureをPro padやバックバックのショルダーハーネスに取り付けて使用するユーザーには、方向が制限されると少し不便かもしれない。

ほとんどのカメラはプレートの向きで悩むようなことはないと思うが、購入する前に自分のカメラの三脚ネジ穴がどの位置にあるかは確認しておくべきポイントだ。

FUJIFILM X-E4 レビュー|削ぎ落とされたデザインが魅力のクラシカルコンパクト
FUJIFILM Xシリーズの中でも人気の「X-Eシリーズ...
スポンサーリンク

おわりに

僕が現在愛用している「FALCAM F38シリーズ」は、プレートが単体で買えないことに不満があったが、この商品が出たことで完全に不満がなくなった。

それに加えて、Peak Design製品と併用ができるというのはかなり優れたポイントだと思う。
ただ、前述したようにCaptureで使用する場合は、多少のガタつきは目をつぶらないといけない部分ではありそうだ。

それともう一つ、現時点でこのPeak DesignのCaptureと併用できるプレートは単体購入しかできない。
他のF38シリーズに付属しているプレートは従来型のためCaptureとは併用できないことにも注意が必要だ。

ただ、他社製品との併用も可能となったF38シリーズは、まさに完成形だと思う。
細かい不満点はあるものの、これら二社の製品をシームレスに使うことができる便利さは僕の写真活動をより快適にしてくれそうだ。

コメント