XF35mm F1.4 R レビュー|デザイン・描写力の優れた標準単焦点

Camera
スポンサーリンク

前回のX-H1のレビューに引き続き、次はレンズのレビュー。

今回レビューするのは、Xシリーズの数あるレンズの中での ”神レンズ” と称される「XF35mm F1.4 R」。

このレンズはXマウントに乗り換える際、初めに購入したレンズの一本で、思い入れのあるレンズなので気合を入れてレビューをしたいと思います!

スポンサーリンク

XF35mm F1.4 R の概要。

  • レンズ構成:6群 8枚 (非球面レンズ 1枚)
  • 焦点距離:35mm (35mm換算:約53mm)
  • 最短撮影距離:28cm
  • 絞り:F1.4 ~ F16
  • 絞り形式:7枚羽(円形絞り)
  • 重量:約230g(フード、キャップ無し:187g)
  • フィルターサイズ:52mm

F1.4の明るいレンズで、ここまで ”軽量・コンパクト” なのも、APS-Cに特化しているFUJIFILMならではですね。

スポンサーリンク

XF35mm F1.4 R のデザイン。

このレンズの特徴は、なんといってもこのデザイン。

コンパクトなのに、どことなく存在感を放っている感じ、たまらなくカッコいい。

このレンズのカッコよさを際立たせているのが、この付属のフード。

普通、レンズのフードは丸型だったり花型だったり、それにプラスチック製のものがほとんど。

ですが、XF35mm F1.4 Rのフードは金属製の角型フードになっています。少し、キャップが外しにくいっていう難点がありますが、カッコいいので許す。

ちなみに、専用のゴムキャップが付属しているのですが、外れやすいので使って無いです(笑)

鏡筒もすべて金属製。フォーカスリングってラバー製のものが多いですが、経年劣化で緩んだり白くなったりしますが、このレンズはその心配がありません。

FUJIFILMのレンズの特徴である絞りダイヤルもデザインにマッチしています。この絞りダイヤルの回す感触も絶妙で、一生カリカリしていたいレベル。

とにかく、この価格帯とは思えない高級感のあるレンズです。

僕の使用しているX-H1に装着するとこんな感じ。コンパクトなレンズですが、角型フードの存在感のおかげで大型ボディーのX-H1でも割と似合ってますね。

スポンサーリンク

作例。

このレンズは、絞り開放から解像感がありつつも柔らかい雰囲気で、美しいボケ感が魅力的な写りをします。

絞り開放での作例多めでどうぞ。

てんとう虫、意外と寄れる。
X100F、可愛い。

何か、緑とか青とか赤とか、彩度高めの作例ばっかりですね…。

色ノリが良いので、色の濃いものを撮りたくなるレンズなのかもしれないですね。

最近、”FUJIFILMはいいぞぉおじさん” になった人。

顔出しするのも…なのでこんな感じの人物写真ばかりですが、換算約50mmの画角は背景を生かしつつのポートレートが得意。

被写体とちょうどいい距離感で撮影できるのも、この焦点距離ならでは。

F1.4のボケ感も相まって、良い雰囲気が出ている気がします。

スポンサーリンク

XF35mm F1.4 R の気になる点。

レンズというのは、優れた点があれば劣っている点もあるもの。このレンズももちろん弱点があります。

まず一つはAFの速度。ジージーと音を立てながらまったりフォーカスしていく感じです。

普段使いではあまり気になりませんが、動体撮影などは結構難しい印象。

(でも、最新世代のX-Processor 4を積んだX-T3とかX-T30では、かなり早くAFが効きますよ!)

もう一つは、防塵防滴ではない事

FUJIFILMのカメラは防塵防滴の使用になっているものが多いですが、レンズが同様に防塵防滴でないと意味が無いです。

なので、海沿いとか天候の悪い時は、気兼ねなく使いにくいです。

同じ焦点距離の「XF35mm F2.0 R WR」は、高速AF、防塵防滴仕様、しかもF1.4の物と比較してさらに軽量というアドバンテージもあります。

描写力の「XF35mm F1.4 R」か、万能性の「XF35mm F2.0 R WR」か悩ましいところですね。

スポンサーリンク

最後に。

ネットではレビュー記事が溢れているくらい人気のレンズ「XF35mm F1.4 R」。

AFが遅いなんて言う弱点もあるけど、撮れた写真を見るとニンマリしてしまうほど描写力は魅力的です。

僕が今更レビューを書く必要も無いかなと思いつつ、いざ書いてみると自分の使用している機材への愛着が湧いてくるので不思議なものです。レビュー記事書くの、好きなのかもなぁ…。

良かったら、ボディのレビューもご覧ください。

FUJIFILMのレンズは魅力的なものが多いので、こんな感じで僕が使用しているレンズのレビューもどんどん書いていこうと思います。それでは。

この他のレンズレビューは こちら からご覧ください。

コメント