INPONのサムレストレビュー|X-T30の操作性を損なわずホールド性をアップできるアイテム

Camera
スポンサーリンク

僕はサブ機としてコンパクトな「X-T30」を使用しているのですが、成人男性が使用するにはグリップが小さく、ホールド性が少し物足りない感じがあります。

カメラのホールド性を上げるには機種専用のグリップを装着してグリップ自体を大きくするのが一般的。X-T30にも純正からサードパーティー製のものまで様々なグリップが存在します。

ただ、後付けのグリップを装着すると、X-T30の特徴である「軽量・コンパクト」が損なわれるので、今回「サムレスト」というアイテムを導入してみたので簡単にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

INPONのサムレスト

僕が購入したのが「INPON」というメーカーのサムレストです。

サムレストはカメラのホットシュー部を利用して取り付けるアイテムで、親指を置くスペースを作ることでカメラのホールド性を上げることができます。

僕が購入したものは 「X-T10、X-T20用」のものですが、X-T30も形状がほぼ変わらないので装着可能です。

カラーラインナップはブラックとシルバーがあるので、カメラの色に合わせることもできます。

概要

サムレスト本体はアルミ製で、重量も 約5g と軽量です。

特別高級感があるようなものではありませんが、目立ってチープな部分も無く、無駄な装飾や文字など無いシンプルな造り。

後面のグリップ部はX-T30のEVF部を避けながらうねった形状になっており、親指が引っかかりやすいように先端が反り立っています。

本品にはホットシュー部分でのガタツキ防止のために厚さ調整用のシールが付属しています。

後面に貼ることでホットシュー部にしっかりとはめ込むことができます。
ちなみに僕の購入したものはシールを貼ってもガタガタだったのでさらに追加でマスキングテープを貼りました。(このあたりは個体差がありそうです)

実際に装着すると…

実際に装着してみるとこんな感じ。

ブラックで統一されているので、デザイン的にはかなりマッチしているかなと思います。

サムレストの支持部はカメラから若干浮いているので、構えると少しだけしなる感じはありますが、相当力を入れない限りは破損などはなさそうです。

背面のAELボタンやダイヤルもサムレストが干渉することもなく使用することができますが、シャッタースピードダイヤルとオートモード切替レバーについては少し使いにくい位置にあります。

僕の場合は露出補正ダイヤルさえ使えればいいので特に問題ないのですが、シャッタースピードダイヤルを頻繁に使うユーザーには向かないかもしれません。

サムレストの使用感

まず、ホールド感についてはかなり良くなった印象です。

X-T30にもともと備え付けてある背面グリップの突起は、カメラを構えると親指の付け根あたりに位置するのであまり支えには使えないんですよね。

サムレストを使用すると、ちょうど親指の先端に支持部が位置するので、かなりホールドしやすくなります。

また、X-T30ではよく起こるQボタンの誤操作もかなり減りそうです。背面のダイヤルやボタンに干渉しないのも◎。

デザインについても、余計な文字などもプリントされていないのでカメラのクラシカルな感じも崩さず、ドレスアップアイテムとしても良いですね。

逆に気になるポイントとしては、サムレスト自体のグリップ感。

サムレストを付けることでかなりホールド感は高くなるのですが、サムレスト自体に滑り止めなどはついていないのでグリップ感は少なめ。
先端がカーブすることで指が引っかかりやすくなってはいますが、金属のみで造られているのでやや滑りやすい感じはします。

スポンサーリンク

最後に

今回はX-T30用に導入したサムレストをレビューしました。

コンパクトなカメラは携帯性の高さが特徴ですが、操作性やホールド感とトレードオフになっていることが多いので、こういうアイテムがあるのはありがたいですね。

ちょっとしたアイテムながら想像以上に使用感が変わったので、X-T二桁シリーズのユーザーには是非オススメしたいアイテムです。

丼

「INPON」のサムレストは余計な文字や装飾が施されていないシンプルさが良い!

コメント