X100F専用アイカップを買ってみた話。「KIWIFOTOS KE-X100FL」レビュー。

Camera
スポンサーリンク

今回は、X100Fユーザー以外にはめちゃくちゃどうでもいい話。

この間、いつも通りネットサーフィンをしていると、こんな記事が。

これはっ!と思いましたね。
何より、発売してから数年たっているX100F専用のアクササリーが出てきてくれたことに感動。(正直、今更感はありますが…)

X100Fを愛するFUJIFILMいいぞぉおじさんとしては見逃せないこちらの商品。
この記事を見て、気付けばネットで注文していました…。

ということで、X100F専用のアイカップを買ったので、レビューをしていきたいと思います。

created by Rinker
¥1,650 (2020/09/21 07:45:01時点 楽天市場調べ-詳細)

スポンサーリンク

概要と外観。

こちらが、「KIWI FOTOS」さんから発売されているX100F専用アイカップ「KE-X100FL」

本体はプラスチックっぽい素材、アイカップの部分はシリコン製となっています。

アイカップ部分の大きさは、横幅:約5cm × 縦:約3cm × 奥行き:約1.5cm といった感じ。

このアイカップの部分のシリコンは、他のカメラの物と比べてかなり柔らかい印象。
ふにゃふにゃですけど、耐久性が悪い感じはしないです。

あの、お弁当のおかずを盛るシリコンカップ。そんな感じの触感。

実際にX100Fに装着すると、こんな感じ。

このアイカップは、アクセサリーシューに装着するだけなので、取り付けは非常に簡単。
ファインダーの部分にピッタリはまるようになっているので、ガタつきも少ないです。

なんか、見た目がSONYのα6000系にそっくりな気がするような…。
コンパクトなボディのX100Fに装着すると、まぁまぁな存在感ですね。

リアビューはこんな感じ。

VIEW MODEのボタンが押せなくなってしまいますけど、まぁほとんど触らないボタンなので問題ないですかね。

画面も左上が若干見切れてしまう感じですが、気にはならない程度だと思います。

上から見るとこんな感じです。
奥行きは1.5cm程度ですが、装着するとかなり出っ張った感じに見えますね。

ちなみに、テレコンを付けたX100Fと合わせてみたのがコチラ。

うん、まぁまぁなミラーレス一眼と同じくらいの見た目。
ここまでくると、コンデジ感はかなり少ないですね。

僕はこの見た目、大好きですけどね。あぁ、X100Fカッコいい…。

スポンサーリンク

実際の使用感。

X100F専用のアクセサリーが出たってだけのノリで購入したこちらの商品ですが、実際使用してみるとこれがかなり良い

皆さんご存知の通り、X100Fのファインダーは小さくて、浅い。

ということもあって、晴天での撮影ではやや遮光性が悪かったり、目をファインダーに近づけすぎると鼻が背面液晶に当たったりすることが多いです。(ですよね?X100Fユーザーの皆さん)

けど、このアイカップを装着すれば、
上の画像のようにアイカップギリギリに目を近づけても鼻が背面液晶に当たらないし、遮光性も抜群。
このアイカップが有るか無いかで、ファインダーの見え方がかなり違いました。

僕のメインで使用しているX-H1のファインダーと比較しても、同等の視認性になっていると思います。

あと、意外と造りもしっかりしています。

ファインダーやアイセンサーの部分は綺麗に切り抜いてあるし、アイセンサーの反応が悪くなったりすることも無し。

アイカップのシリコン部分もちゃんとネジで挟み込んで固定されてたり、地味にちゃんと作ってありました。

スポンサーリンク

気になるポイント

使用感はめちゃくちゃ良かったんですがね、もちろん気になるポイントもあります。
ちょっとそちらの紹介もしておきましょう。

安っぽい。

本体部の素材がプラスチックってこともあって、高級感は皆無。
高級感もあってデザインが最高なX100Fとの材質的な見た目の相性はめちゃくちゃ悪い気がします。

これが金属製で質感が良ければ、値段が3倍くらいでも買うんだけどな…。

カメラバッグへの収まりがよろしくない

アイカップが少し出っ張っているため、カメラバッグの限られたスペースに入れるには、少しだけ収まりが悪いです。

写真は、Peak DesignのEveryday sling 5ℓに収納してみたものですが、
アイカップが少し出っ張っている分、もったいないスペースができてしまってますね。

余裕のある大きなカメラバッグであれば気になりませんが、
Everyday sling 5ℓ のようなコンパクトなカメラバッグで貴重なスペースが減るのはちょっと気になりますね。

アクセサリーシューが塞がれてしまう。

X100Fでストロボとかを使うユーザーはごく一部だと思いますが、
このアクササリーシューを使ってX100Fユーザーの多くが装着しているアイテムがありますよね?

それが、こんな感じの商品。

Koowl Fujifilm Fuji 富士 X100F サムグリップ サムレスト カメラ グリップ ホットシューハンドグリップ、ブラック、親指グリップ、握り心地が良いです (富士X100F適用)

これは、グリップの浅いX100Fのホールド性を高めるための重要なキーアイテム。
「サムレスト」とか「サムグリップ」とかって言われるものですね。

このようなアイテムもアクセサリーシューを使用して装着するため、このアイカップとの併用ができません。

ホールド性を取るか、遮光性を取るか…。

ここが悩ましいX100Fユーザーも多い気がしますねぇ。

スポンサーリンク

最後に。

X100Fで唯一気になっていたファインダーの遮光性はこの商品で改善されますが、何より質感が微妙なのが痛いポイント。

せっかくのカッコいいカメラですし、アクセサリー類もこだわりたいところ。
まぁ、今のところ他に選択肢がないので、しばらくはこの商品を使っていこうと思います。

機能的には最高なので、僕と同じようにファインダーの視認性が気になっている人にはオススメです!

created by Rinker
¥1,650 (2020/09/21 07:45:01時点 楽天市場調べ-詳細)

とりあえず、まだX100Fを持っていない人は、X100Fを買うところから始めましょう。←

created by Rinker
¥99,520 (2020/09/20 14:05:12時点 楽天市場調べ-詳細)

ちなみに、X100F関連の記事は以下。

コメント