絶景の四国ツーリング vol.1

Daily
スポンサーリンク

どうも、がっつりカメラ大好き人間っぽさを出していますが、実はバイク大好き人間でもある です。

このブログでもちょくちょく記事のネタにしたりもしていますが、
カメラ歴よりもバイク歴の方が長いですし、乗り換えてきたカメラの数よりも乗り換えたバイクの数が多かったり。

さてさて、そんな地味にバイク好きな僕ですが、先日友人たちと久しぶりに長距離ツーリングをしてきました。
今回はそんなツーリングレポートになります。

なかなかの絶景スポットに行ってきたので、お時間のある方は是非ご覧になってください。

ちなみに、今回のツーリングでは「XF16mm F1.4 R WR」1本のみしか使用していません。似たような写真が量産されていることは悪しからず。

スポンサーリンク

行き先は「四国カルスト」

いきなりメインの目的地ですが、僕たちが向かったのは愛媛県と高知県の県境にある「四国カルスト」というスポット。


ツーリングやドライブコースとして人気で、標高1000~1500mに広がる絶景を楽しみながら走ることができます。

1枚目の写真の場所が、四国カルストの拠点地となっている「姫鶴平」。
絶景を眺めながら食べるソフトクリームは、夏の日差しでじりじりに焼かれた体を冷ましてくれます。

絶景を撮る「FUJIFILMいいぞぉおじさん」とそのバイク。
この人、黒い服装しかしないし、乗ってるバイクも真っ黒だし、とにかく黒い。

四国カルストには、東西を約25kmにわたって縦断する県道383号線が通っています。
この大草原の中をバイクで走るって、もうね、ツーリングしてる感がハンパないです。

あちこちに牛が放牧されていて、ひたすら草を食っています。
この牛、結構間近で見ることができるんですが、かなりデカくて存在感がすごい。

もちろん、そこらじゅうで牧場感のある独特な香りを楽しむことができます…(笑)

一番景色の良さそうな所で全くセンスのない(バイクの)集合写真を。
後からツーリングメンバーの集合写真を撮ってない事に気付いて、死ぬほど後悔しました。

広角レンズで撮るポートレートも良いなぁなんて思いながら、「XF16mm F1.4 R WR」の写りに感動してたっけな。

自分の愛車の記念撮影だけはしっかり撮ってました。
それにしても、僕のバイクカッコいいなぁ…。

県境で反復横跳びしたなんて恥ずかしくて言えない…。

FUJIFILMいいぞぉおじさん、ほんと真っ黒。実質ほぼ黒つぶれ。
風景との露出のバランスがとりにくいから、撮る側としてはほんとにやめて欲しい仕様。

最後にオフショット的な写真を。
XF16mm F1.4 はいろんな撮り方ができるから楽しいなぁ。

スポンサーリンク

最後に。

え?四国カルストだけ?って思いました?
そうなんです、この日まともに行けたのは四国カルストだけなんです。

僕が住む京都から四国カルストまで高速道路を利用しても遠すぎたんですよね~。
移動時間を考慮して前日の深夜出発したんですが、みんなクタクタであちこち周る余裕なんてありませんでした(笑)

計画性って大事ですね。

とまぁ、こんな感じで1日目終了です。
2日目のレポートも記事にしようと思うので、良かったら見てくださいね!

コメント