気軽にカメラを楽しめる”写ルンです”レビュー。

Camera
スポンサーリンク

今の時代でも新品で購入できる数少ないフィルムカメラ ”写ルンです”。

多分、私と同世代の人は小さい頃に触ったことある人も多いと思う…。

カメラやってる人とかSNSガチ勢の人以外にはあんまり馴染みがないかもしれないけど、SNSの普及でブームが起こっている、らしい。

今回は、この間の週末に”写ルンです”を使ってみた簡単なレビューを。

スポンサーリンク

”写ルンです”とは。

今回使用したのは、定番の”SIMPLE ACE”っていうもの。

私の敬愛するFUJIFILMから発売されている使い捨てカメラで、1986年より販売されている私より大先輩。

画角は32mmで、絞りはF10固定。ISOは400でシャッタースピードも1/140秒固定。ズームも無ければモニターも無いけど、何気にフラッシュを搭載していながら、重さは90g程度。

カメラをやってない人はピンとこないかもしれないけど、かなり割り切った仕様の商品。

フィルムカメラなので、もちろん記録媒体はフィルム。写真は27枚しか撮れません。

撮った写真をモニターで確認することもできないし、ボタン一つで写真を削除とかもできない。

まぁ、なんとも趣味性の高いロマンあふれる商品ってこと(笑)

スポンサーリンク

写ルンですの作例。

季節限定?でアイススケートができるってことで、ひらかたパークに行ってきた時の写真。

意外と色乗りは良い印象。フィルムカメラらしい「味」はしっかりめ。


こちらがお目当てのアイススケート。生まれて初めてしたけど、まぁ見事なまでに転びますわな。

かなり上手いスケートガチ勢もいたけど、目の前でスピンとかされるとほんと怖い(笑)

いきなり写ルンですの話に戻すと、どうやら近くの物にはピントが合いにくいみたい。

でも、写ルンですだったらピント外してても「味」になってる気がする。

スポンサーリンク

ついでにX-100Fで撮った写真も…。

やっぱり写ルンですだけでは物足りないので、デジタルのカメラで撮った写真も…。

あぁ、やっぱりX-100Fもいいなぁ…。

スポンサーリンク

最後に。

画質がいいわけでもないし、現像の手間もかかる。決して万能とは言い難いけど、とても魅力あるカメラ。バイクで言うと”カブ”に近いんじゃないかな?

これを使ってると、少年時代の遠足を思い出すのは気のせいではないと思う。

そこのあなた、スマホのカメラでいいやと言わずに是非試してみて!それでは。

コメント