ふらっと京都:桜を求めて京都の有名観光スポットを巡る。

Daily
スポンサーリンク

花粉の到来に伴って、ようやく春が訪れましたね。どうも、花粉症で鼻が窒息寸前の丼です。

徐々に桜の開花情報も流れていて、お花見の季節になりました。

そんな時期になってふと気づいたのが、僕は長年京都に住んでいながら、未だに京都の桜をちゃんと見に行ったことがありませんでした。

先日のフォトウォークでお会いしたAkiさん神戸ファインダーの中の人)に刺激を受けて、僕も京都の魅力的なところを少しでも発信出来たらなーなんて思ったり。

そこで、完全に思いつきで定番スポットながら桜の様子を写真に収めてきました。

その時の写真をひたすら張っていこうと思うので、少しでも ”京都の桜” を味わっていただけたらなと思います。

スポンサーリンク

桜の写真を撮りに一人フォトウォーク。

とりあえず、アクセスの良い場所を選んで一人フォトウォークをしてきました。エリアごとにまとめてみたので、とりあえずスクロールしていってください(笑)

円山公園

こちらは、四条通りの突き当りで圧倒的な存在感を放つ「八坂神社」の裏にある、「円山公園」です。

観光客の少ない早朝を狙って行ったのですが、あいにくの天気でイマイチ桜の綺麗さが伝わらない…。

この公園の中央には、かなり大きな枝垂れ桜が鎮座しています。花の色も濃いので存在感がすごいです。

まだつぼみも多く、満開って感じではないけど十分綺麗。

この木を撮る時だけ、しっかり青空が出てきてくれました。ありがたや…。

遠景に見ると、やや物足りない…

この公園は、ところどころ広場になっているのでお花見にはうってつけのスポットだと思います。

出店もたくさんあったので、手ぶらで行っても楽しめそうですね。

ただ、事前の場所取りは禁止みたいなので、お花見に行かれる方は気を付けましょう。

(茣蓙を敷いて場所取りをしている人がたくさんいたけど、みんなお巡りさんに怒られていました…)

二寧坂周辺

円山公園から南に進むと、「ねねの道」という石畳が綺麗な通りに抜けます。ここも桜並木が綺麗…なはずですが、見ごろはまだまだこれからって感じでした。

ちなみに、この通りは「高台寺」というお寺にもつながっています。高台寺も有名な桜スポットですが、行ったのが早朝過ぎて拝観することはできませんでした…。

「ねねの道」をさらに南に行くと、「二寧坂」に抜けます。

ここにも、大きな枝垂れ桜があり、観光客の皆さんもこぞって写真を撮っていました。京都らしい景観に大きな桜の木…風情がありますね。

清水寺周辺

更に進んで松原通りに抜け、坂道を昇っていくと「清水寺」に到着します。

清水寺の本堂は相変わらず改修工事中。これ、いつ終わるんやろと思いながら、中には入らず周りの桜を撮ります。

京都のお寺って、高いところに多い印象。清水寺も坂の上の方にあり、ここから京都の街並みを眺めることができます。

この周辺の桜もまだまだベストな時期ではなかったです。まぁ、行ったのはギリギリ3月でしたし…。

清水寺ではこの時期、春の夜間特別拝観 を実施しているみたいなので、夜桜が見たい方は是非。

祇園白川

清水寺から少し離れて、こちらは祇園白川。ここも石畳が綺麗な道です。

京都っぽい建物、川、桜のコントラストがエモーショナルな雰囲気が漂っています。

ここをまっすぐ抜けると川端通りに出ますが、途中にある桜のトンネルはかなり桜がしっかり咲いていました。

ここまで道のりでこれほど花の密度が高い木に巡り合えなかったので、最後に報われた感じでした。

やっぱり、桜のトンネルは迫力がありますね。

スポンサーリンク

最後に。

個人的なスケジュールの関係で、あまり多くのスポットを巡ることはできなかったんですけど、無理なく歩ける範囲にこれだけの桜スポットが凝縮しているのは京都ならではじゃないですかね?

僕が言った段階(2019.3/31時点)でまだまだ桜が本気を出していない感じだったので、これからもっと満開に近づいていくと思います。

ちなみに、京都の桜の開花情報は こちら のサイトで確認できます。

僕が行った場所以外にも、「蹴上インクライン」や「木屋町通り」、「鴨川沿い」など、おなじみのエリアにもたくさん桜が咲いています。京都には桜が綺麗に咲く神社仏閣もたくさんあるので、どこの桜を見に行くか迷いますね。

どこも有名な所なので、たくさん人が集まります。観光客の朝も早いので、写真を撮りたい方は早朝じゃないと人が溢れて撮影どころじゃないかも。最近、京都は人気があるみたいですし。

今回はほんとに桜の写真をただただ並べただけの記事になりましたが、少しでも ”京都いいなぁ” と思ってもらえたら幸いです。

コメント